組み立て型資料

1.安全にお使い頂くために
2. 部品の名称
【日本限定 スターターキット付属品】
ボタン設置
【ワンポイントアドバイス】
3,植え付け開始までの流れ
3.1 アスパラガーデンLITEの組み立て方
【特別付属品】
3.2 植え付け設定・植え付け開始
3.3 オンラインモード
4.初心者のためのガイド
5.お手入れ方法
6.保証期間
7. REGULATORY NOTICES

ドワーフトマトの育て方

葉物野菜はシードスターターは必要なく、最初から機械でスタートすることができます。

1,初期セット
まず、シードスターターから始めます。水を半分くらい入れて、肥料は入れません。POINTトマトは横に広がるので、3〜4つくらいがおすすめです。1つにつき1粒の種をいれてください。
※発芽率が100%ではないので、発芽しない種もあります。10日間以上発芽しない場合は他の種をお試しください

2,発芽
発芽後はいよいよ機械に移します。最初は拡張パネルではなく、普通サイズのものを使って大丈夫です。

3,カバーセット
できるだけ離して、成長した際に邪魔にならないようにしましょう。不純物の混入を防ぐために、植え付けをしていない場所には白い蓋をしましょう。タンクに水と肥料をいれます。

4,照射
トマトのマークを選んでスイッチオン。光の調整は自動で行われます。消えている時間もあります。
※太陽光を再現しているため、光を照射しない時間もあります。その植物にとって最適な日照時間を計算し、自動調整されています

ワンポイントアドバイス
光のボタンを押すと、白い光に変えることができます。
これは写真撮影用・観察用のライトとなります。一時的にこの光にすることは問題ないですが、成長を促すライトではないので、ずっとこの白い光のままにしないようにご注意ください。
まだ発芽して間もない時は水の消費をあまりしません。ただし、1週間〜10日に1回は、タンクの水を全交換したほうがより育ちがいいです。ずっと水を変えないままだと枯れてしまうことがありますので、ご注意ください。

5,拡張パネルへ
ここまで育って窮屈になってきたら、サイドを拡張パネルに取り換えましょう。

6,受粉
お花が咲いたら受粉作業をしましょう。花同士を指で触るようにするといいですよ。受粉ミツバチの代わりの作業になります。こまめに行いましょう。(叹穫贝※ドワーフトマトは脇芽とりは必要ありません。

7,収穫
実がなり、赤くなったら放置せずにどんどん収穫していきましょう。それがたくさん収穫できるコツです。